ツライ耳鳴りの症状にお悩みの方へ|耳鼻科で相談しましょう

ドクター

自分に合ったものを選ぼう

マスクの女性

難聴の症状には補聴器を検討しよう

最近音がうまく聞き取れないと感じたことはありませんか。年齢や生まれつきによる難聴は本当に苦しいですよね。うまく音を聞き取れないと、会話をすることさえも苦痛に感じてしまうこともあるかもしれません。今残っているわずかな聴力を失わないためにも、補聴器を購入するということを検討されてはいかがでしょうか。補聴器は聴力を今よりも高めるというよりは、今ある聴力を保つという意味で使用することができるかもしれません。人それぞれ難聴の度合いは異なっていることでしょう。

様々な種類から適切なものを選ぼう

難聴にはいくつかの種類があるようです。早口や複数の人の会話が聞き取りづらい症状は感音性難聴と呼ばれる種類に該当するかもしれません。音が上手く伝わらない伝音性難聴もあります。これらの症状はゆっくりとはっきりした会話をすることで解決したり、比較的大きな音にすることで上手く伝わる場合があります。その手助けをしてくれるのが補聴器ということができるでしょう。補聴器には骨に直接音を伝達することができたりするものもあります。自分の症状を把握し、適切な補聴器の選び方を知ることでよりスムーズな会話に近づけることが可能になるかもしれません。現在様々な補聴器が難聴を改善するために開発されており、光や振動で来客を伝えるものなどもあります。しっかりとした補聴器の選び方を知り、会話を楽しむことができれば素晴らしいですよね。