ツライ耳鳴りの症状にお悩みの方へ|耳鼻科で相談しましょう

ドクター

機能も重要になる

病院

外観上の特徴と選び方

補聴器を選択する場合には、難聴の程度によってどのようなものを使用しなければならないのか決定されます。しかし、外観上の問題からも様々な種類が存在しており、自身による選び方が幅広いのも現状です。選び方で最も重要視されるものは、補聴器を付けている事に抵抗を感じないことです。例えば、見られたくない、操作する事や装着している事が紛らわしいなどが挙げられます。見られたくないというケースでは、耳穴型が最良の選び方となります。耳穴に挿入するものとなりますが、大きさも様々です。オーダーメイドで作る事も可能となります。スタンダードなものは耳かけ型です。耳穴型では指先や爪での操作というイメージがありますが、耳かけ型では指での操作になります。外観も耳裏にレシーバーを装着するのでフィット感・外観共にバランスがとれています。ポケット型では、レシーバーをポケットに入れている為コードの露出があります。しかし、力強いパワーを発揮する上に安値で仕入れる事が可能な補聴器となります。

補聴器のデジタル機能の特徴とは

補聴器の選び方では、外観によるものだけではありません。バリエーション豊富な機能が備わっており、装着する者にとって影響ある特徴がそれぞれにあります。代表的な機能としては、ノイズリダクションです。騒音の中でも目の前で会話している人の声が明瞭に聞こえる機能となります。デジタル補聴器にしか実現できません。ノイズリダクションと言っても、様々な特徴があります。いくつか例を挙げると、汎用的な機器などの一定の音として聞こえる雑音を低減させる、雑音の大きさが変化する雑音を提言させる、動作や風など補聴器との接触関係などから生まれる雑音を低減させる特徴があります。